ビー太郎サバイバル日記

武士同士の対決は実と実との対決であるが、忍びが戦うときは常に自分は実であり敵は虚である。「正忍記」その5
ビー太郎サバイバル日記 TOP  >  2013年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天使―堕天使、人間

これは、前回の「家畜人ヤプー」から「進撃の巨人」への続きです。

この本文はだいぶ前に書いていたのだが、この夏からインターネットをあまりしなくなった。

しなくなったら、インターネットに束縛されない解放感に慣れてしまい、なくても平気になった。

スマホを持ったノマドにはまだなりたくない。



本文ここから、

「巨人をしのぐためには人間性を捨てなければ…勝てない」


くどいように何度も出てきたこのフレーズは、私たち人間の課題でもあるかのようだ。

古来より存在するものとして、教科書にも掲載されている中国の古典を元に書かれた小説「山月記」もまた似たような場面が登場する。

これは、自尊心が強いゆえに虎になった学者の話しで、戒めの話しである。

自尊心が強すぎると人間性がなくなるということか。

学生の頃はそんなのでも納得していたが、今はもっと突っ込んでみた。

人間性とはどのようなことをいうのか。




アニメ「進撃の巨人」の最終回でも、はっきりと定義づけていなかった。

定義づけていないが、目星をつけている感じである。

そうでないと、物語の世界観が崩れてしまう。


きっと、人によって違った意見を持つことだろう。

物語の進行で立場の違う人間に意見を言わせて、押しつけず考えさせているのもよい効果だ。


エヴァンゲリオンと似ているシーンもあるそうだが、私はこちらのほうを見ていない。

このような壮大なテーマを扱う場合、基本的な構想は単純なものだろう。

伎(わざ)が何万通りあっても原理は数えるくらいしかないのと同じだ。


一人の人間が何万通りもの違った動作を行なったとしても、出所はその一人の人間である。

その一人の人間の人間性を捨てた場合、何が残るのか?


人間性を捨てるのか、人間性を超えるのか?


人間性をとっぱらって、かわりに動作をおこなうのは、悪魔か天使か。

悪魔は、天使が堕ちたものだから堕天使ともいう。


このアニメの主人公が巨人態になって巨人と闘ったり破壊活動をするとき、あまり理性が働いているようには見えない。

むしろ、この世の破壊者になるのではないかという結末を想像してしまう。



アメリカ・インディアンの上級のシャーマンが危機を脱する時使う力が、やはり人間性を越えたものであるそうだ。

しかし、自分で制御できなければならないという。


「山月記」の虎人間は、最後に自分で制御できず、本当の虎になってしまう。




天使、悪魔、人間と分けるのか?

人間がすべてを包括しているのか?



スポンサーサイト
[ 2013年10月19日 02:24 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)

「家畜人ヤプー」から「進撃の巨人」へ

「家畜人ヤプー」というのを聞いたのは、故太田龍先生の著書によってであった。

幕末明治維新の西洋の文化と学問の導入と流入により、急激な軍国化、極端な工業化、農村の疲弊、日清・日露戦争を経て大東亜大戦/第二次世界大戦に突入し、敗戦し、日本が米国に進駐され従順になっていたとき、西洋人の本質を見抜いた日本人の作家の一人として評価されていた。


この作家沼正三は、西洋人をサディズム(加虐症)、マゾヒズム(被虐症)の二面性(二極性)が異常に発達した人種であると観察し、そのサディズムとマゾヒズムに満ち充ちた「家畜人ヤプー」を書いた。

かといって、この小説の内容が奇譚な趣向の読み物になっており、自分は一巻を全部読み終わることなく投げ出してしまった。

多分、主人公は家畜人のままではないかと想像する。

ので、最後はどのような結末かはしらないが、のちに本名(天野哲雄/1926-2008)で綴った随筆から察してもこの状態を乗り越えているようには思えなかった。



西洋人自身の心理が、このサディズムとマゾヒズムで調教され、キリスト教のもとでコントロールされていたとしたら、

…誰に調教されたのか?

ゆえに西洋史は侵略と略奪の戦争の歴史でもある。

獣を狩猟して調教するように、他民族に侵略し、隷属させる手段がサディズムとマゾヒズムであり、それを秘めた宗教のもと、原住民のキリスト教化を建前に人々を家畜化していった。

英語圏では「シープル」という言葉がある。
ヒツジの「シープ」と「ピープル」の合成語でつくられた。


現代は宗教だけがそのシステムを使っているわけではなくなった。

一般社会にまでそのシステムが伝染していく。

世界が悪魔主義主導の西洋の管理下に入って、殆んどがそのシステムで機能し始めている現代。

「家畜人」が、ひとつの流行語のように言われ続けていた。

自覚しているが他人をののしる言葉に使うのか、ヘンタイ向けの趣向として使われるのか。

私自身、このように機能している現実の日々の生活の中で、どのように振る舞うべきか、どこに身を置くべきか悩んでいた。


断っておくが、キリスト教のシステムと個人のキリストは別であると考える。

イルミナティ悪魔主義者は人間が創ったものを剽窃したり、乗っ取ったり、詐称する。




9月27日、最終回を迎えたアニメ「進撃の巨人」は、人類が家畜であった、と気づいたことから始まる。

原作は読んでいないので、このアニメを見ただけの感想だが、後発のアニメだから原作者以外の制作スタッフも参加してより練られているような感じがしたし、繊細な描写と演出、アクションと効果音が場を盛り上げた。




アニメの主人公たちは、この壁にさえぎられた内側の「家畜人」の秩序状態から抜け出る兆戦であるかのようだ。

それとも、壁から出ることをこばませ、「家畜人」の自覚をより強化させるものだろうか?

壁の外側にいる巨人に立ち向かう人種とより家畜化して堕落してゆく人種とに分かれてゆく。

敵は巨人だけではないというわけだ。


現実の世界感が、想像を超える物語の中に投影され盛り込められているので、観賞しているものは身近に起きている出来事と錯綜してみている。

謎は解決されないままだが、このアニメの示した路線は、私には違和感がない。





昭和の時代が終わって、欧米主導で世界統一化がさらに進み、拝金主義の蔓延とより高度な管理社会が作られつつあり、法律と制度でがんじがらめにされていく「家畜化」が進行中であるかのようにも見える。

しかし、生きている人間であれば抵抗する。

このアニメの出来は、その抵抗の一つの現れのようにもみえた。

アニメか…日本人らしいかもしれない。



最後に物語の中で繰り返された文句。

「巨人をしのぐためには人間性を捨てなければ…勝てない」

というメッセージについては、次回に述べたい。

[ 2013年10月01日 02:11 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

beetaro

Author:beetaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。