ビー太郎サバイバル日記

武士同士の対決は実と実との対決であるが、忍びが戦うときは常に自分は実であり敵は虚である。「正忍記」その5
ビー太郎サバイバル日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ビー太郎日記 >  家康公の時計―四百年を超えた奇跡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家康公の時計―四百年を超えた奇跡

ieyasukounotokei
家康公の時計―四百年を超えた奇跡
落合偉洲著(久能山東照宮宮司)
2013年7月24日初版第一刷
平凡社



先日コメントをいただいて、薦められたので早速入手して読みました。

途中、コメント欄に記入しましたが、読後感は大変興味深いものでした。

本書では、久能山東照宮の沿革を伝えた後、スペイン国王フェリッペ二世のお抱え時計師ハンス・デ・エバロの機械式西洋時計(1581年制作)がなぜここにあるのかというミステリーにいざないます。

そして、宮司が企画する、平成二十七年四月十七日の家康公、御鎮座四百年大祭へむけての国宝指定の活動報告の一環としてこの書籍が刊行されました。


よくぞここまで調査し、行動に起こし、まとめられたという感慨深いものがあります。

本来検証されるべき徳川時代が、明治維新後の為政者たちの意向で手つかずのまま、アポーツ現象のように現代になって現われた感じです。

いいえ、時計はずっとそこにあったのですから、アポーツ現象とは違いますが、人々から忘れられていたおかげでほとんど当時のままの形が残されてきたのです。



さかのぼること、文禄五年(一五九六)六月に起きたサン・フェリッペ号事件が、スペインによる日本の植民地化戦略をはっきり伝えています。(『家康公の時計』、221頁)

秀吉の治世の時代以前から、日本もまた大航海時代の標的にされていたのです。

秀吉はこのときサンフランシスコ会のパードレ(神父)と日本人宣教師合わせて26人を長崎で処刑しています。


話しはずれますが、私が海外青年協力隊でメキシコで語学研修で滞在していたクエルナバカ市のカテドラル(大聖堂)には、ちょうどこの26聖人の殉教をモデルにした壁画がありました。

当時は、はるばるこんな地にこのようなものが、と、いぶかしく思いましたがそれ以上調べることはしませんでした。 このサン・フェリッペ号はマニラからメキシコへの航海の途中であったのです。


その他参考:

太平洋の覇権(16) 日本の「大航海時代」(1)
 Jack Amano 翻訳:堤 淳一

http://www.mclaw.jp/01division/jt_txt_taiheiyo16.html




そうした時代背景を知る上でも、「家康公の時計」は重要なのです。 当時の複雑な外交事情を物語る貴重な手掛かりの一つなのです。 日本の歴史上では、家康公の下した非常に重要な決定に関わっています。 日本の将来を決定づけた、カソリック布教の禁止に関わる唯一の証拠です。

当時、カソリックが世界を、そして日本を支配しようとした事実に家康公は直面して、その対応策を示しました。 その証拠が、スペイン国王からの贈り物としてビスカイノが持参した時計です。 四百年を経て、今では、「家康公の時計」と呼ばれていますが、その時計を見ることで当時の激しいやり取りまで頭に浮かべることができるのです。
(同書、228頁)





この本に登場した火縄銃研究者の澤田平さんは、東京テレビの「なんでも鑑定団」で周知されている方です。

その澤田さんは、

「火縄銃製作の技が時計に」
http://isv.sakura.ne.jp/kojyu/wadokei.html

と、主張されています。

徳川時代になって大量にあった火縄銃は消え、その後どうなったかというと、和時計の制作に活かされたのだと言っています。


日本という国は情勢が変われば大転換をやってのける柔軟さがありました。

その柔軟さはどこからくるかというと、自生力からではないでしょうか。

火縄銃の使用目的は殺傷のみです。

このまま増え続けたらどうなるのか。

生存への本能が働いてトップが決断し、民がそれに従ったのです。

天武天皇の殺生肉食禁断の詔勅もそのようなもので、それが明治維新になるまで続いていました。


平和のためとか、そのような生易しい決断ではないと思います。

人間が人間として進化するための、知恵であり、それを実行する力です。


この本は、それを再確認できる素晴らしい本でした。

紹介してくれた方、ありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年01月15日 00:53 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:beetaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。