ビー太郎サバイバル日記

武士同士の対決は実と実との対決であるが、忍びが戦うときは常に自分は実であり敵は虚である。「正忍記」その5
ビー太郎サバイバル日記 TOP  >  正忍記 >  忍術伝書 正忍記

忍術伝書 正忍記

〈武道選書〉
忍術伝書 正忍記


藤一水子正武著
中島篤巳解読・解説
新人物往来社 
平成八年八月二十日初版発行


正忍記

正忍記「しょうにんき」と読む。

忍者について調べようと思い立って、近所の図書館に行ったらこの本が置いてあった。

この本がどういういわれの本なのか紹介があったので、
解読・解説者による「はじめに」から説明を引用する。



「現存する忍術伝書として必ずといってよいほどよく引用される史料が『正忍記(しょうにんき)』『万川集海(ばんせんしゅうかい)』『忍秘伝(にんぴでん)』。 俗にいう三大秘伝書である。 これらは他の伝書にくらべると、確かにボリューム、内容、体系化などでは群を抜いており、忍術研究の基本書として確固たる地位にあるのはうなずけるところである。 なかでも『正忍記』は『エンサイクロペデォイア・ニッポニカ』(大日本百科全書)でとりあげられている唯一の忍術伝書である。
(『正忍記』、はじめに、1頁)



「エンサイクロペデォイア・ニッポニカ」とは、小学館の「日本大百科事典の」ことなのか外国の日本に関するブリタニカ百科事典のようなものなのかよくわからない。
いままでの忍者関係の本と比べるとなんか読みごたえがあるように感じる。

つづけて、原本の説明がある。



底本とした『正忍記』は延宝九年(一六八一)名取三十郎正澄(まさずみ)〔藤一水子正武(ふじのいっすいしまさたけ)、名取三十郎正武、藤林正武〕によって書かれたもので、国立国会図書館蔵本である。 本書は、全三巻(ただし序、初巻、中巻、下巻の四部構成)、計百二丁からなる美本で、奥付には「寛保三年(一七四三)に名取平左衛門が渡辺六郎左衛門に与えた」と記されているものである。

(同上)



さらに、伝書経路について書かれている。

『正忍記』は紀州忍術の伝書であり、新楠流とも呼ばれている。 天正伊賀の乱で伊賀の忍びは難を逃れて各地に離散した。 その頭領の一人である百地丹波(ももちたんば)は紀州の雑賀(さいが)・根来(ねごろ)方面に逃げて来たと伝えられており、紀州流はその後裔が起こしたものであるといわれている。

ところが、本文解説で触れるが、伊賀流・甲賀流の伝書『万川集海』と紀州流の『正忍記』とを比較してみると、意外なほど思想や方法論において相違点が多いことに気づく。 すなわち紀州流が伊賀流と同じものと考えるには多少無理があるようだ。


紀州流の流祖は名取三十郎正澄(正武)といわれている。 名取家は小幡勘兵衛景憲を祖とする甲州流軍法(武田流、甲陽流、信玄流、甲州家伝などともいう)を家伝としていたが、名取与市之丞正俊はこれを軸に名取流を極め、その後に新楠流、紀州流へと転化させていった。


この紀州流に大きな影響を与えたのが甲州流と鼎立する楠流軍学である。 江戸期は天下泰平でゆとりがあり、武術・軍学の体系化や諸流を育んだ。 戦国時代の楠流軍学は、江戸時代に入ると楠流から南木流、河陽流、陽翁伝楠流などの諸派を分派させた。三代目の名取三十郎正澄(正武)は楠流の一派である楠不伝正辰を学び、さらに島田潜斎、神戸能房、破鑑禅士らに師事し、ついに自らの一流「新楠流」を創始し、新楠流は紀州藩ではその空白の部分、すなわち忍び兵法をもって仕えたともいう。


(同上、1~2頁)



「天正伊賀の乱」は織田信長の天下統一の際、天正六年(1578)と天正九年(1581)の二度にわたる伊賀攻めのことである。
同解説者によるコラムがあるので、別の機会に取り上げたい。

忍術の特徴。



一般的に武術伝書には「口伝」という部分が非常に多いのが普通で、それは忍術伝書となるとなおさらである。 ところが『正忍伝』にいたっては、「口伝に曰く」、すなわち肝心なところは口伝、といった文言が記載されていない。 本書を読み終えてわかることだが、忍術は生きるための術である。 当然のことであるが、柔術や居合抜刀術、槍術などのように戦う方法のみを記した伝書とは大きく異なる。すなわち忍術の対象は他の武術とは比較にならないほど巨大かつ多方面にわたっている。 すなわち「口伝」などの文言を記載しなくてもほとんどが口伝と考えておかなければならないというわけである。

(中略)

『正忍記』序に、「當流正忍記」という項題がある。 注意すべきはここでわざわざ「當流」と記されている点である。 この意味は実に難解であったが、当時は武術は勝つための兵法、斥候、布陣、馬術、射術、剣術等々諸々の総合武術であった点を考慮すると、「當流すなわち楠流軍学の中で、忍びに関する部分の正しい記述」と解するべきであろう。

その理由として筆者(引用者注:中島)はもう一つ別系統の『正忍記』(写)を入手しており、内容的に国会図書館蔵本と大同小異であるが、それには奥付に国会図書館本とは異なった注目すべき記載がある。

すなわち、

「以上は楠流軍学秘書中より盗写せしものにて、決して自考には無之(これなし)、子々孫々に至るも伝えて練習せよ。

稲葉丹後守道久
六十七歳謹書
享保元戊牛水無月下之十日」


とある。

今まで漫然と、『正忍記』は「紀州流忍術の秘伝書」といわれ、独立した一流であるかのように受け止められてきたが、この史料の「楠流軍学秘書中より盗写せしもの」という事実から、『正忍記』は、「楠流軍学の一部であり、項目の内容は斥候・忍びである」と考えるべきであろう。

(同上、2~4頁)



私は武術や忍者について詳しくはないが、なかなか興味深い内容であることに間違いはない。
本書を引用しながら勉強したいと思っている。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年02月08日 16:25 ] カテゴリ:正忍記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

beetaro

Author:beetaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR