ビー太郎サバイバル日記

武士同士の対決は実と実との対決であるが、忍びが戦うときは常に自分は実であり敵は虚である。「正忍記」その5
ビー太郎サバイバル日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ビー太郎日記 >  霊感商法=スピリチュアル・ビジネス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

霊感商法=スピリチュアル・ビジネス


以前、悪徳霊感商法「先祖供養」を書いたのは、

日ごろ不安な記事を書いているせいかまともに受けた知人に影響を与えてしまい、その知人が「先祖供養」を始めたことがきっかけだった。

参考:akazukiのブログ
悪徳霊感商法「先祖供養」
2012-09-23 14:35:25

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11361999324.html

悪徳霊感商法「先祖供養」 (2)
2012-10-19 23:30:10

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11383724578.html

悪徳霊感商法「先祖供養」 (3)
2012-10-23 01:05:45

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11386399696.html


いきさつは、記事にした通りで、私は少々反省せざるを得ないが、不安をまき散らしているのは連中の方だとの確信がある。


その他の被害者の方々も勇気を持って立ち上がりそれぞれブログを書き始めた。

最初に指摘した方のブログは削除されたが、銘々が自分のブログで発言しだした。

ブログの削除命令がきても、新しいブログを立ち上げたりと意欲的なのは目を見張る。

「先祖供養」にのっかてしまう方々は、私の知人含め自分の事より人のためと考える人が多いと思う。



その中の一人、「鼻歌さん」のブログの最近の記事に、



参考:「霊と金」 本書を紹介されています。
2013年02月13日(水)

http://ameblo.jp/zizitu21/entry-11469917429.html


という、面白そうな本を取り上げていた。
スピリチュアル・ビジネスと明記し分析している本だ。


著者の櫻井義秀氏は、北海道大学大学院文学研究科教授(社会システム科学)とある。
日本脱カルト教会の講師もされている。

参考:櫻井義秀
http://www.jscpr.org/lecturer/sakurai.htm



他のサイトもググってみた。

「三日坊主日記」から。

参考:櫻井義秀『霊と金 スピリチュアル・ビジネスの構造』5
2012年09月09日
http://blog.goo.ne.jp/a1214/e/75eb2712566b2ebc4273dbffd96517e8


抜粋→「櫻井義秀氏は20人以上の元統一教会信者に聞き取り調査を行っている。」



統一教会だか統一協会だか、で思いだす私の体験がある。


まだ若い時だが、桜田淳子も合同結婚式も騒がれなかった時期。

よく駅前でアンケート調査をしていたのが、そのメンバーだった。

アンケート調査が終わって、近くに事務所があるから話しませんか、とさそわれた。


何教だかわからなかったが、教えられたのは堕落論と原罪論だったのでキリスト教だと思った。

まあ、とにかく人間に罪があるということだ。

4回ぐらい通ったが、不思議なことにいつ行っても鳥肌が立って震えが止まらない。

部屋の中だったから寒いとかでなく、人も親切で怖いとかいう気持ちは持っていなかったのにである。

メンバーにそのことを告げても、「敏感ですね」とかいうが悪いほうにはとらえない。

しかし、その場を離れると治るのだ。


あれから30年。(どこかで聞いたセルフ♪)


特にこのことで、霊能者に見てもらったりとか、守護霊のおかげとか考えなかったし、原因を突き止めようとしなかったが、唯一私の人生における不思議な出来事として気になっている。

むしろ、何かに関連付けて執着しなかったのがよかったかもしれない。

でも、そのように注意を促され、守られたことは確かである。


今では、人間に原罪があるとは思っていない。

罪深い人間に仕立てあげたい意思がどこかで働いているようだからである。


罪深い人間に仕立てあげれば、何かにすがって生きていかなければならず、スピリチュアル・ビジネスも成立しやすいだろう。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年02月14日 13:24 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

beetaro

Author:beetaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。