ビー太郎サバイバル日記

武士同士の対決は実と実との対決であるが、忍びが戦うときは常に自分は実であり敵は虚である。「正忍記」その5
ビー太郎サバイバル日記 TOP  >  GOD ON THE TABLE/ マイケル・ルパート >  ゴッド(神)を議題にすること/その5

ゴッド(神)を議題にすること/その5


GOD ON THE TABLE
ゴッド(神)を議題にすること


人類の精神的な将来に役に立つ議論を試みる


by Michael C. Ruppert
© Copyright 2010, CollapseNet, Inc.

Please Distribute Widely
[周知願います]



その5




WHAT DOES COLLAPSENET OFFER?
コラプス・ネット(COLLAPSENET)が提供するものとは?


コラプス・ネット(CollapseNet)哲学の基本と協定できないことは、私たちのCompass Points(羅針盤:訳者注:最後に掲載)で明確に示しています。 Compass Points(羅針盤)は物理学の法則によっており、すべての人々が生きるために可能な限り(信念に関係なく)支援するもので、私たちの生命とそれらが有効に世界でかかわってゆくために信頼していただけるものです。 そこに書いた内容は、精神的展望よりむしろ、ほとんど合理的なものです。  尚かつ、私が見たのと同じものを本稿の文脈内に見いだしたなら、どのように見て感じたのか、私が抱いている精神的信念とかみ合って共鳴するでしょう。 断絶しない、分割もしない、 感じてわかります。



私たちの情報サイト(Lighthouse Directory)に、精神に基盤をおいた教えと参照すべき多くの情報を掲載しました。 私たちは、羅針盤(Compass Points)において、地球を中心にして提携したものや直接に関連性のあるものを、活発に探して、記録しています。  羅針盤(Compass Points)を否定しない限り、どのようなものに基盤を置いているか、宗教的だろうとスピリチュアルなつながりだろうと除外しません。 たとえば、マンハッタンの黒人のキリスト教バプティスト信者たちとはぜひとも登録してもらいたい団体です。 私が聞いたところによれば、活発に説教して、その多くのメンバーが精神的に健全さを回復したと言います。  私たちがここでしていていることと明らかに直面しているとわかる宗教団体や哲学系列の団体が支援もしくは論文を熟考してリンクを申し出るなら私たちはすべてに応えます。


私は精神的信条と確実に異なるものとの間に境界線を引きました。 持続して基本的な段階を経ている全ての創造物と意識的な協力のもとで生きるための定めだからです。 人間優勢を広めるためとか創造から別れたものは、その境界線の外側です。 これは決められた進化に私たちの意識が次の段階に入っているというはっきりした描写です。  もし私たちが五世紀の尊敬するデカルト学派から達成された意識と知識があるのなら(協力と尊敬で再調整するのは必須事項)、退化ではありません。  私たちは、本当に「新しく進歩した」新種なのです。


このようなことの肝心な点は、人類が善と悪、勝者と敗者、特に支配者と奴隷の概念というレッテルから解き放たれたときで、残された唯一のことは、この宇宙の中に存在するすべてのものや事を尊敬することです。


ソース:COLLAPSE NETWORK
http://www.collapsenet.com/index.php?option=com_k2&view=item&id=341:god-on-the-table-1-november-2010&Itemid=130


(ゴッドを議題にすること:終わり)



羅針盤


コプラス・ネットのCompass Points(羅針盤)


NORTH – A NEW, SUSTAINABLE HUMAN PARADIGM MUST BE ROOTED IN LOCAL, CHEMICAL-FREE FOOD PRODUCTION, EXTENDED FAMILY AND COMMUNITY

NORTH – 新しい、持続可能な人間規範は、地域、無農薬での食糧生産、大家族、共同社会(コミュニティ)に根ざしていること



人間と地球の間にある二つの原始的な目に見える接点は、眠る場所と食糧を得る処です。 私たちお互いの将来と地球の関係は、産業革命以前の世界で生存を許された生活様式に立ち戻って距離を定め、新しく優先度の高い技術を保持し、適応させることです。 地域における食糧生産が、生活経験、芸術、文化の基盤になります。

無農薬農法とパーマカルチャー(持続可能型農業)は、地球に対する交換条件の自然な形で、率直で、最も効果的です。 それらは、大多数の人口を生存させ、新旧の規範の移行を可能にします。 私たちが食べて、着るすべてのものは地球起源のかつて命のあったものです。 このことから、私たちと生態系の関係が最重要となってきます。

その移行の過程で、より大きい危険、痛み、苦しみと損失が伴うでしょう。 それにも増して、無限の大きな可能性の再発見に喜び、人間の魂の満足いく表現ができるでしょう。



SOUTH – UNTIL THE WAY MONEY WORKS CHANGES, OUR SPECIES IS TRAPPED IN AN INFINITE-GROWTH PARADIGM WHICH THREATENS ALL LIFE

SOUTH –お金による変化であるかぎり、私たち人類種はすべての生命を脅かす無限の成長規範の中で罠にはまります


化石燃料の燃焼に起因するGDP成長と温室効果ガス排出量の間には96%もの相関性があります。

企業の「法人格(personhood)」に集中してとりまく、部分準備銀行、複利、不換通貨に基づいて築かれた現在の経済規範は、定義によれば、ネズミ講(pyramid scheme)であり、とうてい支えられません。―この規範の下では保護するより、生命を破壊した方が儲かります。

この死にかかった金融規範は今のところ惑星との関係を統括管理する支配的な要因です。

そこで、生き残りたい方々のために二つの選択肢があります。

その規範を変えるか、さもなくば、可能な限りそこから離れて、旧式の規範が衰え、やり過ごすのを待つことです。

金融規範を変えることはできません。

したがって、旧式の規範が崩壊すれば、そこからの撤退は不可欠です。

可能な限りどんな撤退であっても、恐らく人類の存続をかけた死活問題になるでしょう。

お金は完全に見直しが迫られるでしょう。

地域通貨で地方の自治か、あるいは現在の規範と関係ない、もしくは管理下にない交換媒体は、撤退時における必須段階です。



EAST – INFINITE GROWTH ON A FINITE PLANET IS NOT POSSIBLE

EAST –有限ある惑星で無限の成長は、不可能です


すべての人間は、食べる、呼吸する、飲む、着る、これらの消費は地球から得ています。 本質的に持続可能なバランス点は、地球と人類の人口いかんにかかっています ― そのライフスタイルによって影響されます ― 。

安く簡単に手に入る化石燃料(石炭、石油、天然ガス)の減少が早まっています。 人間が消費するため許されたすべての精製、製造、輸送のためエネルギーは、消えてしまいます。  石油と天然ガスは、エネルギー源でありません。  すべてのプラスチック、肥料、農薬、大部分の医薬品、ローション、塗料、樹脂、化粧品等、多くの製品は石油と天然ガスを投入した化学に依存します。  これらの化学物質製品は、代替エネルギーと取り替えることができません。 ―それらは、工業化された世界で消費されるあらゆる食物カロリーの内の10カロリー分が化石燃料エネルギーです。 食糧生産で、化石燃料を投入し、地球の住民はこの150年で50億人以上に増えました。 化石燃料がなくなれば、食物もなくなります。 そして、化学物質が表土に残ったまま枯渇します。 ―すべての生命あるもの、必要な資源(特に淡水)は、厳しく容赦しません。

エネルギー基盤の選択肢を未知の組合せに変えることができないのは、私たちがあまりにも長くなにもしなかったためで、化石燃料で建設される建造物にとってかわる代替エネルギーの配合がありません。

人間が参入するかどうかにかかわらず、人口と生態系バランスは回復するでしょう。 活発で意識的な参加は、最終結果を軽くすることができます。 生態系を破壊して私たちが生きることは、資源を私たちの消費に再優先させることも、適合することもできません。 したがって、自殺的なふるまいです。 文化的レベルで効果が増大し、地域から持ち上がる前に、 変化が下から上へ、個々では内から外へ起こるべきです。



WEST – HUMAN POPULATION WILL INEVITABLY REDUCE BY BILLIONS OF PEOPLE AMIDST GREAT SUFFERING AS THE SUN SETS ON INDUSTRIAL CIVILIZATION

WEST –人類の人口は、産業文明が後退することで甚大な苦痛にあえぎ、必然的に数十億に減少するでしょう



いわゆる、死に絶える(The Die Off)ことは、人類の産業文明の元に戻れない崩壊の不可欠な現象です。 それは避けることができません。 軽くすることができるだけです。  この死に絶えることを避けられるとすれば、新しい意識が人間に芽生えることで、実際、新しい人種がいます。 それは脱石油人間(Post-Petroleum Man)です。





【翻訳:タドン】


関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年05月03日 00:30 ] カテゴリ:GOD ON THE TABLE/ マイケル・ルパート | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

beetaro

Author:beetaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR