ビー太郎サバイバル日記

武士同士の対決は実と実との対決であるが、忍びが戦うときは常に自分は実であり敵は虚である。「正忍記」その5
ビー太郎サバイバル日記 TOP  >  スポンサー広告 >  部民(部落)/伴 >  天皇とエタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天皇とエタ


住井すゑさんは、いいところに気づかれた。

宇宙の法則にのっとって人間には貴賤の別はないと断言したのはよかった。


しかし、その法則が、アインシュタインの時間の法則に落ち着いてしまったから、橋は架けられなかったのだ。


時間は法則の一部ではあるがすべてではない。

まして生命の源ではない。

これでは「橋のない川」に橋は架らない。



天皇制は時間の経過でその時代に沿って作られたもので、これも生命の源から発したものではなく、なくてもいいものであるし変わるものである。

では、なぜ守っているかというと、その日本原住民のご先祖の名家としてであって、その制度ではない。

イルミナティ悪魔主義者は、地球原住民に取りつき、次々滅ぼしてきた。

日本を例外と考えるのは虫がよすぎる。

人間という生命現象が現れたと同時にそれも存在し、古代から痕跡が残っていると考えるべきだ。

しかし、なんというか、入り込まれつつも日本得意の精神性で別物に変態するという技をみせたことで巻き返しながら今日までたどり着いているような気がしてならない。

悪魔主義者たちは幕末明治維新の騒動を仕掛け、明治維新を担った売国奴の日本人を使って西洋風に天皇教の制度に改造させたのだ。

天皇制をつくり、日本原住民であるエタと切り離し、被差別部落という器をつくりいっしょくたにし、抑圧者と被抑圧者に分けさせた、という筋書きが考えられるではないか。

断っておくが、天皇制を作るのは天皇ではない。

つくられたものに便乗することはあるだろう。

先の世界大戦で日本を料理しようとしたものの日本軍の行動が計算違いだったため、叩こうと企んでいた連中の方針を変えさせたに違いない。

大局から見ればその様だったと思う。



住井すゑさんが『住井すゑ対話集3』の126頁でこういっている。

現実として、一般の人は、部落の人たちへの最後の爆弾として「エタ」という一言をもっています。


もし、この問題に橋を架けるとしたら、山本健造著の『裏古事記』や『暴かれた古代史』等の知識がなくてどうして論じることが出来るのだろう。

山本健造氏は飛騨族のことをヒエッタ=エタ、であるとはっきり書いている。



アメリカ先住民、地球原住民のアパッチ族のシャーマン、グランドファーザーの話しも参考になるだろう。
物質文明によらず、無益な争いを好まない彼等の生き方は日本原住民の生き方と似ている。


生命力がなくなった気枯れた状態には、地球原住民の知恵が必要だ。


人為的な法律や賠償では解決するものではない。






住井すゑ対話集3.


住井すゑ対話集3 人間みんな平等
労働旬報社、1997年

佐藤登美さんとの対話。

初出 未来に託すもの……『看護展望』1993年9月号、10月号


住井すゑさんが第8部の構想をもっていたという話が出てくる。

以下、住井すゑさんの言葉のみ抜粋。




七部に出てくる熊夫という少年が中心です。


…お父さんは網走の監獄にいる。 両親ともに部落民ですが、両親と離れて孝二の家にやっかいになりながら成長する。 小学校を終わって誠太郎の店に入り、そこで兵隊検査を受けて、第二次世界大戦の住井すゑさん召集を受けるのです。 部隊の言ったところが沖縄です。

明日はアメリカ軍が上陸してくるというので、部隊全員が玉砕の覚悟をする。 ところが、最終的には部落民の熊夫一人が生き残って帰ってくるという話です。

この、部隊でただ一人生還するというのは、実際にあったことです。 私が『橋のない川』を書き始めたときにこの事実がわかってきて、ひとしきり問題になったのですが、解放運動のなかでもあまりに悲惨な話だから、だれもまともに扱えなかった。 世の中には、そういう辛辣な天皇制にたいする風刺もあるのです。


(『住井すゑ対話集3』、145~146頁)



ではなぜ、日本にそんな不平等な天皇制が定着してしまったのか、これはどうも100パーセント、イギリスの政策だったようです。 島津に肩入れして軍資金をどんどん貸し出し、徳川を倒して、皇室に全権をもたせた。 これが、一つ号令をかければ国民全部が戦争に狩り出されるという軍国主義の基をつくっている。 アメリカもそうだけれど、明治維新は主にイギリスの必要からやったことで、イギリスと島津の関係を歴史的に解明していけば、そのことがはっきりわかってくると思います。 英米の遠大な計画に日本が乗ったのです。

皇室と島津の関係は今でも続いていて、隠してはいますが、皇太后は島津の孫です。 日本の天皇制のなかには、そういう国際的陰謀があったということを、私は八部でほのめかしておきたいとは思っているのです。

日本が軍国主義になり、天皇である大元帥閣下が陸海軍を統帥して、いちばん先にやったのは日清戦争です。 中国を負かしてもイギリスの利益にはなったでしょうが、日本には何の利益もない。

(同上、149~150頁)




住井すゑさんは八部を書かずして逝ってしまわれた。





関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年06月14日 02:00 ] カテゴリ:部民(部落)/伴 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

beetaro

Author:beetaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。