ビー太郎サバイバル日記

武士同士の対決は実と実との対決であるが、忍びが戦うときは常に自分は実であり敵は虚である。「正忍記」その5
ビー太郎サバイバル日記 TOP  >  ビー太郎日記

東京タワー、マダム・タッソー蝋人形館


観光名所の近くには必ずフリーメイソンの手が……。

ということで、東京タワーもその一つだが、今日は久しぶりに東京タワーに行った。

東京タワー1


というのも

うちの父親が入所している老人ホームでの遠足が、東京タワーだった。

手のかかる父親の付き添いをかってでることで、外出の許可がもらえる。

一人につき職員が一人つくほど手のかかりようである。


私の東京タワーの思い出は、なぜか蝋人形館。

小学生の時、閉館まじかの遅い時間に母親に連れてってもらった。


閉館まじかで蝋人形館に入るなんて、当時はこんなものが展示されているなんて知らなかったから、40年以上も経っているのにいまだに記憶に残っている。


まずは、南北戦争時代、インディアンが捕えた白人の頭の皮剥ぎからはじまる。

今思えばあれは、南北戦争だ。

そして、リンカーンの観劇の最中、桟敷席での暗殺風景、カーテンの後ろに暗殺者が拳銃持って控えていた。

36歳で睡眠薬頓服(とんぷく)自殺したマリリン・モンローの横立ち姿。

ビートルズ、と続いて

フランケンシュタインもあったような、

最後は拷問部屋。

ギロチンやら、人間輪転車やら、回廊お化け屋敷になっているとは誰が想像しただろう。

どのように、これらの恐怖を子どもの私は克服できたか覚えていないが、今ではあんな物作りやがって…と淡々と思い出す。

子どもでも知っているテレビでおなじみのスターが出てたりするので、もろにアメリカの歴史を語る蝋人形であったとは気がつかなかった。

それがどうして東京タワーにあるのか。

今だからわかるが、イルミナティ・フリーメイソンにかかわりある人や事ばっかり。



そんなことがあったので、今回は大変楽しみにしていた。



受付で聞いたが、蝋人形館の由来や沿革を書いたようなパンフレットがない。

どうしてこのようなものをここに造ったのか経緯がわからない。

製作者の名前も明記していない。

古い新聞記事が入り口付近に掲示してあった。

昭和45(1970)年3月20日に開館したという。

そして、マダム・タッソーというロウ人形師が元らしい。

マダムタッソー

参考:蝋人形彫刻家 マリー・タッソー(Marie Tussaud:1761-1850)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%BD%E3%83%BC


通称、マダム・タッソー。



マダム・タッソ―がどういう人なのかよく知らないが、1835年にロンドンで彼女の制作による蝋人形館が初めてオープンした。

現在、どうなって、どのような体制で仕事をしているのかも知らない。

マーリン·エンターテインメンツという米国の会社が、マダム・タッソーの蝋人形のイベントを企画しているようである。



フロアをリニューアルしたというのが五年前とか、受付嬢があいまいに話すだけではっきりしない。


前の展示風景と現在の展示風景が見られるサイトがあった。
2000年のと2008年の蝋人形館の様子が見られる。

参考:東京タワー蝋人形館
http://www.arakawas.sakura.ne.jp/backn001/toktowro/toktowro.html



私が見たのは、どうも1970年くらいの出来たばかりの頃だと思う。


展示物が多少変わっているが、パターンは変わらない。


イルミナティ・フリーメイソンに関わった有名人ばかりか、ほとんどそんなものと思ってよい。


展望台からの眺めは、すぐ下にメソニック森ビル39、その先に六本木のフクロウビル。

今日は曇ってて見えないがその先は富士さんがある。

ふくろう39


昭和52年7月11日に天照皇大神の祠が創立二十周年を記念して建立されていた。

天照


悪魔祓いのつもりだろうか、それとも取り込みか。


そして今回の蝋人形館の展示。

タイタニックの船首が設置されてあり自分が蝋人形の代わりになって記念撮影できる…ようなものがある。

最初はおなじみ、ハリウッドスターや、各国の政治家。

チャーチル、ホー・チ・ミン、蒋介石、吉田茂、毛沢東、J・F・ケネディ……

どうも、全然似ていないので感動がわかないのだが、きっと若い時の写真を参考にしたのだろう。

そうそうたるメンバーである。

杉原千畝さんを出して、シオニスト・ユダヤに媚びる。

隣には、ガンジー、ダイアナもいる。


人相の怖いリスとウサギをはべらせ不思議の国のアリスの人形が笑っている。

ここまで写真を撮らなかった。


最後の晩餐


ロック歌手のような「最後の晩餐」に魅せられ、パチリ。

聖書の朗誦がバックミュージックのようにテープで流され続ける。


GImusya

日本の武者の人形はGIジョーだった。


予備知識がないとわからなかったのは、

ジミヘン

ジミ・ヘンドリックス。

エレキギターのパイオニアでとにかくすごい人だったらしい。

日本との関係でこんなエピソードも。

参考:トリビア; 「ジミ・ヘンドリックスの母は日本人」
http://mass-communication.at.webry.info/200504/article_14.html



ショーケース入りのジミヘンに迎えられて、

思い出の恐怖の拷問部屋は壁が張られ、のぞき穴式になっていた。

拷問部屋


最後は、ロックンロール部屋。
ロック部屋


マニアしかわからない、フランク・ザッパ。

ザッパ


とまあ、年寄り向きではない展示に変わっていた。

年寄でなくても、誰が誰だかわからない。


どうも展示に手抜きがされている感じで、日本人の職人の仕事らしからぬものだ。

棒立ちでゾンビみたいだ。

調和のない雑然としたところが、メイソン好みの展示になっている。

東京タワー2

ちなみに「山本作兵衛展」が5月6日まで、東京タワー一階の特設会場でやっていた。
http://www.tokyotower.co.jp/55/index_05.html

参考:akazukinのブログ
炭坑夫たちの讃歌 2011-09-12 11

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/day-20110912.html



ゾンビ蝋人形のもっと新作が見たかったら

「マダム・タッソー東京」が、2013年3月18日にお台場でオープンしているそうだ。

行かないけど。

タッソー東京
[ 2013年04月24日 01:29 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)

ロコモティブシンドローム/運動器症候群

略して「ロコモ」。


名前を聞いて音楽の「ロコモーション」を思い立ったが、この意味も運動力、移動力、機関車の意味だから関連語だった。

ロコモーション


軽快な音楽に乗って体を動かせばいいが、動かなくなる世代が40代からで介護予備軍となっている。

介護保険料が40才から強制的に引かれるのはこれを前提にしていていたのかと思うとお国はなんと用意周到な事か。

健康より保険料が。


「メタボ」より怖い「ロコモ」

とまあ、掛け声だけはいっぱしの口をきくけど、いつものごとく原因がわからない。


のかな?


2007年に日本整形外科学会が「ロコモティブシンドローム」という言葉を作って発表したといっている。

介護保険制度は、2000年4月から始まっている。

ウムムム・・・・・


参考:日経トレンディネット
メタボより怖いのは「ロコモ」!? 40代からの対策で“大きな差”
2012年10月11日

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121005/1044379/?ST=life&P=1


ロコモの3大原因

(1)筋力低下
(2)バランス能力低下
(3)運動器の疾患


「ロコモの入口である「筋肉の衰え」「骨強度の低下」「軟骨の摩耗」を食い止めれば、ロコモは予防できることになる」


といっている。

詳しく書かないから興味ある人は調べてください。




私にとってはお馴染みの予防方法である。

予防方法はどれも同じ…。

予防してても病人がどんどん増える。

医学が広まり治療技術が発達しても病人がどんどん増える。


「塩を変えれば体は良くなる」(現代書林、2012年)の著者、上田秀夫氏は、この原因のひとつを「ミネラル不足」と言っている。

そういえばこの上記の日経トレンディネットの大江隆史氏の論文には「ミネラル不足」は出て来ない。

ミネラル不足は明白なのに、あからさまに言わないのはどうしてなのか。

いろいろ都合があるのだろう。

そんな都合につきあっていられないので、健康は自己防衛するものと決めている。




なぜミネラルを摂取すればよくなるのかと考えてみた。

ミネラル、すなわち元素には金属も含まれる。

現代西洋医学では、身体の構成は含有量の多い主要ミネラルばかり強調されるが、命ある生物はすべてのミネラルを必要とする。

このミネラルバランスがいいと、自然に身体が動いて活動してくれる、のではないかと思った。

その身体が自然に動くというのは体内の電気の流れによるものではないのか。


というのは、この上田社長が薦める「還元力をもつ塩」を続けて飲食していると、身体の余計な脂肪がとれて締まってくるのである。

特に決まって運動するわけでもなく、犬の散歩程度である。

身体が勝手に動いて代謝してくれる。

ミネラルが豊富にあると経絡の感知もよくなる。

経絡は電気の流れで活発になる…と思った。

経絡の発想は、最近読んでいるサムライや忍びの行動則を参考にした。



昔は、まだ食べ物が自然でミネラルも豊富だっただろう。

経絡の流れもよかったに違いない。



現代は、完全にミネラル不足である。

筋肉を鍛えるのが運動と勘違いして、経絡を意識した運動もしない。

当然の如く「運動器症候群」に陥っている。



参考: akazukinのブログ

塩を変えれば体は良くなる!?(2)
2012-11-16 20:40:32

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11405888752.html
[ 2013年04月21日 00:40 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)

東京新聞に騙された! -2「嘘から出た実」

四月一日の東京新聞のエイプリルフール特集記事は完全に嘘である。

これは後で大笑いであった。



他のウソ記事は興味を示さなかったのに、この「野球の起源…」はしっかり読んでしまった。

まことしやかに書かれたウソ記事でも「実」の面を見ていたのである。

サムライや忍者が球を持ったらその身体能力を使ってどのように扱うであろうか…と想像していた。


原理や規則にのっとった行動とはどのようなものなのだろう。

メジャーのイチローが米国人にニンジャといわれるゆえんであろう。



ことわざに「嘘から出た実(まこと)」というのがあるように、ウソがマコトになる時は、宇宙原理、自然の法則の理にかなった時である。


日本人は手技の方が優れているので、野球は性に合ったようで早くから馴染み普及された。

最近はサッカーだろうか。

足技はぶきっちょな西洋人向けと思っていたところ、日本人も武者修行よろしくどんどん海外へ飛び出し実力をつけて世界レベルとやり合うようになってきたこの頃は、足技も冴えてきたようだ。

日本人が西洋人より優れた面を見せ始めると日本に不利なルール変更やらされてきた国際社会の現実がこの「ウソ記事」にも反映され皮肉っている。

普段よりこの時とばかりやけに歯切れがいい。



以前、霊感商法の被害者さんたちのブログで紹介されていた本「霊と金―ピリチュアル・ビジネスの構造」(櫻井義秀著、新潮新書、2009)を読んだ。

一旦、サーバー元からブログ主が削除対象にされると、何回も同じ目に合うらしく、今その紹介された記事は見られない。

この本自体は他でも取り上げられているので問題はないはずだ。

これを読んで、なにかいたたまれない気持ちになるのは、まさしく「ウソ」と「マコト」の駆け引きだからだ。

しかし、最終的にスピリチュアル・ビジネスにマコトはない。

マコトになる時は、自分が自分で原理、法則を見つけた時であるので、自分でない他のモノが見つけてもらう、授けてもらうものではない。
[ 2013年04月02日 11:48 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)

東京新聞に騙された!

といっても、四月一日に毎度、東京新聞は嘘の特集記事を通常の構成で掲載する。

ので、パッと見た目では気づかない。

「韓国起源説」の向こうを張ったのかとも思いながら、ウソだと思いつつもだんだん信じてしまったのが
「野球の起源は日本だった」(東京新聞4月1日付朝刊、25,26面)。

インターネットで信憑性を確かめてみようと検索するまで気づかなかった間抜けさだった。

よく見るとこの面の広告も嘘だった。


前もこの新聞にダマされたから用心していたが、四月一日だということを忘れていた。


全文引用して如何に巧妙に練られ、時代考証、登場人物と手の込んだお話しかお知らせしたいほどだ。


人が興味を持つツボをついて、証人をたてたり、箔をつければ、ウソの話しだろうと「そうかもしれない」と思わせてしまうのだろう。


世の中はそんな話ばかりだと気をつけよう。

四月一日だけでなく。

[ 2013年04月02日 00:37 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)

湿潤療法の実践

しもやけ/あかぎれになったのは何年ぶりだろう。

2月27日ごろ、朝起きると手がギシギシしていた。

そのうえ手が倍くらい腫れている。

最初しもやけと気がつかなかったのは、以前はかゆみがひどくて辛かった覚えがある。

今回それがなかったので、単に、手がかじかんでいるだけだろうと勝手に解釈していた。



そうしたら、右中指の第一関節あたりが割れて来たではないか。

そしてようやくしもやけ/あかぎれと判断した。



何で今頃、こんなことを書くかというと、あれから二十日以上も経つのだが、この傷が治らない。

腫れは数日で治まった。

私は少しぐらいの傷なら自然治癒で治し何もしない。

ここ数年、還元力のある塩を摂取しているので炎症は起こらない。

ところが、割れた場所が能く動かす間接なので治るどころか、傷が深くなってゆく。


そこで、傷を乾燥させているのがいけないんのだと考えた。

以前、夏井睦(なついまこと)医師が火傷の湿潤療法を提唱していたのを思い出した。

それは、消毒しない、乾燥させない治療の仕方で、その理論に私はすぐ共感した。

これは火傷じゃないけど傷口が空いているので、同じく乾燥させていたのがいけなかったのだ。


すぐ、ガーゼ付のキズバンを巻きその上からセロテープを巻いた。

空気の通過をあくまで阻止する。


すると二十日間も傷口が空いたままだったのが、次の日にはしっかり閉じていた。


この二十日間はなんだったのだろう。

知識があっても実践していないといざというとき役立たない。

放っておいても治るかもしれないが、手当はより効率よく治癒させるために必要なことはしなければならない。

私は身を持って証明するため、人体実験の機会をいただいたのだろう。



参考 akazukinブログ:

夏井睦医師関連記事サイト


パラダイム……丁髷(ちょんまげ)的発想
2012-02-27
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11176973443.html

はたして「湿潤治療」?
2012-02-29
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11178629099.html
[ 2013年03月28日 15:50 ] カテゴリ:ビー太郎日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

beetaro

Author:beetaro
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR